トップ > トピックス

ハセッパー水の安全性と一般的な次亜塩素酸水との違いについて

お知らせ

日頃より格別のお引立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

又、今日でも最前線で奮闘されている医療従事者の皆様に対しましては心より敬意を表します。

5月28日に発表された経済産業省による次亜塩素酸水についての報道により、大変ご心配をお掛けしております。

弊社取扱商品であります高精度次亜塩素酸水「ハセッパー水」の除菌効果について説明をさせて頂きますので、ご拝読いただければ幸いです。

令和2年6月吉日
株式会社 創 電
代表取締役社長 鈴木 一寛

●ハセッパー水の製法と他の次亜塩素酸水との違いについて

弱酸性次亜水である高精度次亜塩素酸水「ハセッパー水」は食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムと、食品添加物の希塩酸と水を特殊な希釈混合方式と呼ばれる製法で生成されます。

電気分解によるいわゆる「電解水」と呼ばれる同じ弱酸性次亜水や、強酸性次亜水などと比較して、有機物中での効果や噴霧などの利用環境で大きな効果の差が出る特徴があります。

さらに、高精度次亜塩素酸水「ハセッパー水」の成分は人の血液の白血球の中で作られる殺菌のために働く成分と同じである為、人や環境に極めて優しい、安心・安全な商品です。

●ハセッパー水の特徴

高精度次亜塩素酸水「ハセッパー水」の特徴としましては、人や動物のいる空間に直接噴霧が出来る事も上げられます。


この殺菌・消臭能力を持ちながら人や動物のいる空間に直接噴霧できるのがハセッパー水の特徴です。

人体に優しく安全なため、二流体または超音波噴霧により人が作業中の施設内や、動物の飼育中の空間を殺菌・消臭する事ができます。

※従来の電解水はガス化(塩素ガス化)により、噴霧には不適で次亜塩素酸ソーダやオゾンは、人がいる状態では毒性が強く噴霧できません。

●経済産業省の次亜塩素酸水への注意喚起と、弊社製品の品質管理について

コロナ対策で多くの「次亜塩素酸水」が販売されておりますが、経済産業省はその複数の商品については、原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、安全性も根拠不明なものが多い事が消費者の不利益になると共に、安全性にも疑問が残ると判断し中間報告として、安全性が不明な次亜塩素酸水での噴霧除菌は控えるよう注意を促しています。


弊社取扱の高精度次亜塩素酸水「Haccpperハセッパー水」は、経済産業省発表「次亜塩素酸水」等の販売実態の(ファクトシート)に沿った
  ① 製造日、原料の明記
  ② 液性・濃度、成分の明記
  ③ 有効性や安全性の根拠
  ④ 使用上の注意
  ⑤ 有効性を維持するための注意事項の明記 
等の項目を遵守し販売をしております。

コロナ対策として、多くの次亜塩素酸水が出回っておりますが、弊社は10年以上の実績を生かし、これからも安心・安全な商品を取り扱いしてまいりますので、今後ともご愛顧の程願い致します。

又、ハセッパーは株式会社テクノマックスの登録商標です。
ハセッパー水の効果効能の研究結果や特殊な製法についての詳細なご案内をこちらのホームページに掲載しておりますので、併せてご参照頂けましたら幸いです。